トラウマ治療についてはこちらからどうぞ

Information

ファミリーカウンセリングの
母親研究所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-1-2
東京を中心にカウンセリングを承っております。
虐待などの家庭内の問題、ご相談ください。
受付時間
9:00~20:00 日曜定休

お問い合わせはこちらから


母親研究所のブログはこちら

教育に生かすアドラー心理学&マインドフルネス

2016/07/28
アルフレッド・アドラーは、個人心理学と呼ばれる心理学理論、及びそのシステムの創始者です。アドラー心理学の中の「勇気づけ」は、心理学理論ではなく、心理学全体に流れている態度・心構えのことです。アドラー心理学は教育・医療・福祉・日常生活のなかで生かすことで、人間共同体に貢献するものです。その基本的な考え方と実践についてお伝えしていきます。

マインドフルネスは、NHKのキラーストレスでも紹介されましたが、元々は、うつ病の再発を予防するために開発されました。現在では様々な疾患に効果的であることが報告されています。マインドフルネスはパーリ語でサティーの英語訳です。アウエアネス、アテンション、リメンバリング、こういう意味を含む言葉です.第3世代の認知行動療法と言われています。マインドフルネス認知療法は、その効果主要因が症状に直結するような認知の内容の修正でない処、そこが一つの特徴です。今回は、マインドフルネス認知療法の紹介と参加者の皆さまと一緒にMBCT技法のいくつかを体験していきます。
当日は、動きやすい服装でお越し下さい。

開催日 : 9月4日(日)

講 師 : 坂本洲子(アドラー心理学心理療法士)
      藤田貴士(マインドフルネス・ラボ代表)

会 場 : 母親研究所(会場の変更あり)

受講料 : 20,000円(資料・軽食・飲み物込)

受 付 : 先着順  定員 20名(定員に達した場合、締め切り)

      受付は、入金の確認を持って参加とさせていただきます。

振込先: ① 郵便局  口座番号 00140-2-18564  加入者名  母親研究所 
 
     ② 銀行   三菱東京UFJ銀行 飯田橋支店  (普)3555510  サカモトクニコ

申し込み期間 : 8月1日~25日まで

問い合わせ : ファミリーカウンセリングの母親研究所
        メール :sakamoto@hahaoyaken.com

戻る

お問い合わせはこちら